売上管理を効率化する

店員

高機能レジで自動管理

近年は起業ブームに乗って新たにお店を始める人が増えてきていますが、そうした店舗経営の大きな助けとなるのが、posと呼ばれる管理システムです。posとはpoint of salesの略で、直訳すれば「販売時点」となります。つまり、商品やサービスの売上等を閉店後にまとめて集計するのではなく、販売された時点でその都度記録・管理するというのがposシステムです。posシステムを導入するには、posレジと呼ばれるハードウェアが必要になります。この機械は通常のレジ機能に加えて、データを収録したり統計処理したりする機能を備えています。売上が発生した際にこのレジを使って会計処理を行うと、売上のあった日時や商品名、販売個数、販売金額などが自動的に記録されます。記録の方法は専用の読み取り装置を使ってバーコードに記録された情報を取得するというのが一般的ですが、商品の一覧をタッチパネルに表示し、該当のボタンを押すだけで処理できるようなタイプもあります。記録されたデータはそのまま日計や月計の算出に使うことができます。売上伝票を手作業で集計するよりも格段に早く、正確に合計数値を出すことが可能です。また、データをさまざまに加工することにより、商品ごとの売上や季節ごと・時間帯ごとの売上などを把握することもできます。これを活用すれば、商品の仕入れや棚の入れ替えといった作業をスムーズかつ効果的に行うことができるようになります。