お店を開く際の注意点

お店

開業資金と調達について

将来店舗開業を予定している方もいると思います。店舗開業を行う場合、いくつか知っておくと良いことがありますので事前に確認しておきましょう。様々な店舗がありますが、ここではカフェを例にして見てみます。カフェを開業する場合、まず必要になるのが開業資金です。まずは、飲食店の開業資金を把握しておきましょう。実際の費用ですが、開業するエリアによっても異なりますが、その坪単価は100万円前後と言われています。そのため、例えば10坪のお店を開く場合、単純に1,000万円前後の資金が必要になります。大きさは人それぞれですが、初めてカフェ開業される方は、初めは10坪程度の大きさが妥当とされています。それ以上のお店を希望している方もいるかもしれませんが、20坪や30坪のお店は、10坪の開業で成功した後に考えても遅くはないと思います。実際にカフェの店舗開業を行った方たちの開業資金アンケートを見てみると、初期費用の平均値が1,600万円前後、また、運転資金の平均値は400万円前後になっていました。開業資金の他に運転資金も必要ですので、最初に計画しておくことが大切です。そして、資金調達の方法についても検討しておく必要があります。自己資金に余裕があればいいのですが、多くの方は外部機関からの借入ではないでしょうか。外部から借り入れる時も注意する必要があります。この場合、一般的には、開業資金の約3分の1程度を自己資金に充てるべきと言われています。ですので、その残りの部分を借入で賄うといいでしょう。店舗開業を行う際は、開業資金と調達方法に注意してください。